滋慶学園グループを知る「職業人教育」とは?

社会と共に変化し続ける教育が、学生と社会の未来をつくる。

AIの進化や新型コロナウイルスの感染拡大など、今ある仕事や働き方に大きな変化の波が押し寄せる一方で、新たな仕事がたくさん生まれている現代。社会の急激な変化に伴い、必要とされる即戦力人材を育成する「職業人教育」への期待はますます高まっています。学生を集め、専門性とマインドを育む教育プログラムを設計し、卒業後の活躍の場を創り出す。多種多様な業界・職種の人材を育成できるかどうかは、「学校を経営するマネジメント力」にかかっています。私たちは、学生一人ひとりと、社会の未来をつくっているのです。

社会から求められる高度専門職業人を育成する

滋慶学園グループは、全国で専門学校・各種学校を展開し、産業界が求める即戦力人材27万人以上を送り出してきました。各業界のトップランナーが教壇に立って学生の成長を支援し、卒業生たちは各業界から高く評価されています。常に時代の半歩先を行き、10年後の社会を思い描きながら、その未来に必要とされるプロフェッショナルを、今、育成することが私たちの使命です。

大学との違いは?

大学は、「幅広い知識や教養を身につけるための教育機関」です。そのため、様々な業界への就職が可能です。一方で専門学校は、「卒業後すぐに活かせる特定のスキルを養う教育機関」です。そのため、カリキュラムには実習や産学連携教育が多く、専攻した分野で専門性を持って働くことが可能です。

500職種を超える学びのフィールド

滋慶学園グループでは、設立以来、医療・美容・製菓・デザイン・音楽など500職種以上の即戦力人材を育成しています。また、近年ではe-sports業界、ドローンのスペシャリスト、サイバー犯罪と戦うホワイトハッカーなど、新たなニーズを捉えた学校が次々に誕生しています。職業人教育を通して社会に貢献する。その可能性は、無限大に広がっています。

データで理解する専門学校

多様な分野で学ぶ専門学校の学生は約65万人もいます。高校を卒業して専門学校に進学する学生はもちろん、大学・短期大学等を卒業後、または社会人を経験した後、専門学校に入学する人も少なくありません。世の中や技術革新の流れが速く、激しく変化する中で、新しい専門スキルや知識の修得を目指す職業人教育への期待は、ますます高まっています。

  • 1

    学校数

    大学795校の3.5倍

    2022年現在2,754校

  • 2

    分野別生徒数

    多様な分野で学ぶ65万の学生

    文部科学省調べ

  • 3

    大学卒業後の進路としての役割

    目的:専門スキル・知識の取得