仕事を知る専門学校について

社会ですぐに活躍するプロを育てる教育機関

専門学校は、実社会の現場で求められている知識や技術、資格を身につけるための職業教育を行う場所です。そのため、専門学校には特定の職業に関する就職情報も収集されており、同じ夢や目標を持つ仲間と切磋琢磨することができます。特定の分野で専門性を身につけた卒業生は、それぞれのフィールドで社会に貢献していきます。

大学との違いは?

大学は、「幅広い知識や教養を身につけるための教育機関」です。そのため、様々な業界への就職が可能です。一方で専門学校は、「卒業後すぐに活かせる特定のスキルを養う教育機関」です。そのため、カリキュラムには実習や産学連携教育が多く、専攻した分野で専門性を持って働くことが可能です。

500職種を超える学びのフィールド

滋慶学園グループが育てる領域は?

データで理解する専門学校

  • 1

    学校数

    大学795校の3.5倍

    2021年現在2,779校

  • 2

    分野別生徒数

    多様な分野で学ぶ65万の学生

    文部科学省調べ

  • 3

    大学卒業後の進路としての役割

    目的:専門スキル・知識の取得

※2021年調べ